教育とタブレットの課題

6月 3, 2014 · Posted in タブレット 

   10001.jpg

~シモザキ~

 

はい、では今回は教育タブレット課題というキーワードで、議論を進めていきたいと

思います。

 

最近、教育の現場でタブレットを利用したほうがいいんじゃないかという声が徐々に

高まってきて文部科学省は2002年までにすべての学校で11台のタブレット導入

した授業、IT授業を実現するといった目標を掲げているそうです。

 

でまあ、これに対して、学校の教員たちも、確か60何パーセントが、

賛成で過半数が賛成しているという現状にあるようです。

 

しかし、一方で、実際にロケテストという形で、

教育の現場に導入したところ、紙に比べて、暗記できるパーセンテージが60%に落ち

ると。

 

なので、実際に導入するのはどうなのかという問題がありながらも、

それは紙の教育になれている子供たち、実験した結果なので、

 

もしかしたら最初っからタブレットで勉強した子供たちは、

そんな教育の質が落ちるといった懸念もなくなるんではないかという

意見もあるんですが皆さんは、これに関してはどう考えていますか。

 

 

10002.jpg~ヒコザキ~

 

そうだね。

 

学校によっては、タブレットとか、スマートフォンを

生徒一人一人に貸し出してICT化を進めていくっていうのが、今、

 

トレンドになっているようだけど、実際タブレットだけを使って、

ノートをとったりとか、授業を進めていくと、確かに、

暗記といった面ではかなりパフォーマンスが落ちると個人的には思うな。

 

今まで勉強してきて、記憶に定着するのはやっぱり文字を書いて見たり、

実際にページをめくって本読んだりした時で、タブレット使って、子書籍の教科書を

読んだりとか、タイプをして、ノートとったりしても、あまり記憶に定着しないイメ

ージがあるな。

 

 

10003.jpg

~ノギザキ~

なるほど。

 

非常にいろんな課題が見えてくるよね。

 

確かに今現状の問題を分析していくと、つまり、授業の進め方に支障が出るというの

が非常問題だよね。

 

リアルタイムに授業を進めていく中で、佐賀県の高校でも実際2014年、

県内36の公立県立高校でタブレットを導入した結果、やはり、教材コンテンツダウ

ンロードにトラブルが発生し授業が思ったより進んでいない。

 

これは現状の課題だと思うね。

 

もう1点は、この教育というところで将来的にどういう日本をつくっていきたいかっ

ていう志も結構大事じゃないかなと思うよ。

 

例えば幕末の吉田松陰の話なんだけど。

 

吉田松陰が立ち上げた松下村塾があるんだけど、

昔はそういった紙をベースにした授業方法で教えるために

徹夜して教科書を手書きで書いてたんだ。

 

そこから伊藤博文等、総理大臣が生まれたりとか、

日本をかえていく人材が生まれたりしてるんだね。

 

つまり、この教育タブレットの課題っていうのは、

もっと大きいな目でで見ていくと、どういう未来を築きたいか、その中でタブレット

はどういう位置付け、手段にするか、このあたりがすごい重要だと思うね。

 

~ヒコザキ~

 

確かに、タブレット導入する目的っていうのは、良い視点だよね。

生徒から見ると、例えば、こうしたIT技術を定額年から利用することで、

社会に出ても、スムーズに仕事ができるっていう利点もあると思うし。

 

あとは、例えば、教師の面から見ると、テストをネット上でやったりとか、

タブレット上でやることで、採点も簡単になるし、学校間でのビッグデータのやりと

りというのも、これから一般的になってくるんじゃないかな。

 

ちなみに2020年をめどに、

学校教育では11台タブレット配布するような試みがされていて、

今後もっともっと現実的な話なってくると思う。

 

~シモザキ~

 

そうだね。

学力の面から言えば、画像より動画の方が記憶に残り定着しやすいというのは、もう

昔からの自明の事実になっているので、タブレットだったら、簡単に動画も見れるだ

ろうし、その面ではタブレットには強みもあるよね。

 

 

10004.jpg

~ノギザキ~

 

そうだね。

すごく熱いね。まあいろんな課題はあるけども、

結局ところ、現状の教育の課題に対しての問題解決という観点が

タブレットになると思うから。時代の流れで仕方がないのかなと。

 

そう思うね。

台湾や韓国でも、実際に教育のIT化を進めて教育のあり方が変わっていっていると

いう流れからいっても、仕方ないのかな。

 

良い方向に考えて改善していこう。

時代の流れは逆らえないね。

 

以上、タブレットの教育に対する課題を話しました。

 

 

10005.jpg





Comments